2020年 10月 31日 (土)

TBSゴールデンに韓国ドラマ 「経費削減のため」は本当か

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   TBSがゴールデンタイムにイ・ビョンホンさん主演の韓国ドラマ「アイリス」を放送する事を決めた。TBSが地上波のゴールデンタイムに海外ドラマを持ってくるのは初めてで、韓国メディアは「我が国のドラマが日本のゴールデンに進出」と書き立て、日本のメディアは「ドラマが作れず白旗を揚げた」「韓国ドラマで経費削減」などと酷評した。ただ、TBSに話を聞くと、真相は全く違うのだという。

   「アイリス」は2009年10月から12月にかけ韓国の公共放送KBSテレビで放送されたスパイアクションドラマ。日本、中国、ハンガリーなど長期の海外ロケを行い、制作費は日本円で15億円。韓国での最高視聴率は39.9%も獲得した大人気ドラマ。日本は秋田県がロケ地となり、白竜さん、笛木優子さんなど日本の俳優も出演している。10年4月から毎週水曜日21時から放送される。

海外の人気ドラマを流せば経費は半分以下?

   民放キー局がゴールデンに海外ドラマを持ってくるのは極めて異例。「アイリス」のゴールデン放送が決まるとネットでは「なぜ日本のドラマを流さないのか」といった批判が起きた。掲示板「2ちゃんねる」では、

「番組制作する気が無いなら、電波を総務省に返還した方がいい」
「これはもう、ヤケクソだろうwwwwww」

などという書き込みがたくさん出た。

   「週刊現代」は10年2月13日号で、TBSは「水曜に続き火曜も『視聴率1ケタ』の危機」というタイトルの記事を掲載した。2010年1月19日の火曜日は全ての番組の視聴率が1ケタ台。不況も相まって様々な番組でスポンサーが降板。民放の4位が定着しつつあるジリ貧のTBSはそんな「魔の水曜日」のゴールデンに「アイリス」をぶつける、と書いている。

   その理由を、TBS関係者の話として、

「ゴールデンのドラマの制作費は1話4000万円ほどだが、海外の人気ドラマを流すだけなら経費が半分以下で済む」

などと説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中