2019年 11月 18日 (月)

別れても気になる二人 玉置と石原ドロドロ応酬

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   バンド「安全地帯」の玉置浩二さん(51)と女優石原真理さん(46)のドロドロの応酬が続いている。玉置さんが「社会人としてちゃんと働きなさい」といえば、石原さんはまたまたブログを更新し、「恨み節」を展開するといった具合で、応酬合戦は止みそうにない。

   玉置さんは2010年5月12日放送の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)の独占インタビューに応じた。

ブログで「悲しい限りです」

   収録は前日の11日。司会の宮根誠司さんと玉置さんがワインを飲みながら対談した。青田さんとの交際について聞かれると「どうかな?」ととぼけた玉置さんだが、「ええ人見つけた」「(青田さんは)相手に尽くす人」とたたみかける宮根さんを前に、「まさにそう」「音楽に集中できる」と交際を認めた。携帯電話で青田さんに電話もし、宮根さんと代わったりしていた。石原さんについては、「毎日けんか(だった)」「もう真理の話はやめようよ」と話していた。

   ミヤネ屋へ収録に向かう直前、玉置さんは大阪の伊丹空港でテレビカメラの前で報道陣の質問に答えていた。

   記者からは、石原さんが5月8日のブログで触れた「一方的別離」や「人として未解決なこと」について質問が飛んだ。玉置さんは、「一方的でも何でもない」「ちゃんとしてある」と反論した。聞き取りにくかった質問には、「何?」と聞き返すなど余裕の受け答えだ。石原さんに対して言いたいことを尋ねられると、「ない」と言った後、「社会人としてちゃんと働きなさい」と「忠告」した。一方、青田さんについては「気持ちのいい存在」「良いやつだよ、最高なやつ」とベタほめだ。

   これを受けて、石原さんは11日深夜、ブログを更新した。空港での玉置さんの発言について、コメントなどは「何処にも出すつもりは御座いません」と書いた。しかし、玉置さんに言いたいことはあるようだ。8日のブログ内容について「たとえば暇な人が暇つぶしの為に文句を言った主旨で書いたような意味の言葉では御座いません」と、重く受け止めるべきだと念押しするかのように強調した。

   ほかにも、「一度は、、、いえ、二度も一緒にいた人であるのに、本当に、、悲しい限りです」などと続けている。結婚がうわさされた当時、石原さんと米国人男性との離婚が成立していない状態だったことについても触れ、「これは関係解消の原因ではありません」と訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中