2020年 10月 28日 (水)

「ヘビメタ界の北島三郎」 ロニー・J・ディオに追悼続々

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   レインボー、ブラックサバスなどのバンドでボーカルを務めた米ロック歌手、ロニー・ジェイムス・ディオさんが米国時間2010年5月16日、67歳で亡くなった。ディオさんは、生前日本で「ヘヴィメタル界の北島三郎」と言われ、絶大な人気を誇っていた。ネットには、ディオさんを追悼する書き込みがたくさん寄せられている。

   ディオさんの死は妻によって、公式サイト上で発表された。死因は明らかにされていないが、09年に胃がんを患っていると公表されていた。

「青春時代のカリスマでした」

   ディオさんは1942年米国ニューハンプシャー州生まれ。70年代後半からレインボーやブラックサバスなどの有名バンドに参加したことで頭角を現し、80年代以降は自身のヘヴィメタルバンド「ディオ」を率いて活動。ヨーロッパや日本で絶大な人気を獲得した。特に日本では、ディオさんのコブシの効いた歌い方と、圧倒的な存在感から「メタル界の北島三郎」と言われ、30年以上に渡って親しまれてきた。

   日本で訃報が報じられた17日朝から、ツイッターや2ちゃんねるにはディオさんを追悼する書き込みが続々寄せられている。

「僕の青春時代のカリスマでした。謹んで合掌します」
「上手いボーカリストは数多かれど、ロニーに代わるボーカリストは今後出てこないだろうな」
「大ショック。CD聞きかえして追悼します」

   中には「嘘でしょ!」というものも。何度も来日し、60歳を超えてからも若いころと全く変わらないパフォーマンスを見せていただけに、信じられないという人が多いようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中