2021年 3月 2日 (火)

英国の呪われた土地に「再臨」 21世紀版「切り裂きジャック」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   売春婦を残忍な方法で次々と殺害し、姿を消した「切り裂きジャック」。19世紀、英国で起きたこの殺人鬼による猟奇的犯罪を思い出させるような事件がまたも発生し、英国民を震え上がらせている。

   逮捕されたのは、大学院で犯罪学を学ぶ40歳の男性。彼は研究の題材に切り裂きジャックを選んでいたとの報道もある。そしてこの事件の舞台となった土地では、30年前にも女性の連続殺人事件が起こっていた。

「大型トカゲのえさにネズミ」変人として評判

   英国の西ヨークシャー州ブラッドフォード市で2010年5月24日(英国時間)、行方不明となっている3人の女性を殺害したとして英国人男性が逮捕され、27日に起訴された。ブラッドフォード大学の大学院博士課程で犯罪学を専攻していた、スティーブン・グリフィス被告(40)。検察当局は、グリフィス被告が3人を殺害した十分な証拠があるとして起訴に踏み切ったとした。

   英メディアはこの事件を大きく取り扱っている。実は被害者の3人の女性は売春婦で、このことが1888年にロンドンで起きた「切り裂きジャック」による連続殺人事件を思い起こさせるためだ。またグリフィス被告の大学院での研究テーマが1847~99年の「英国殺人事件史」で、切り裂きジャック事件の時期と重なっていることも注目を浴びている理由のようだ。売春婦ばかりを狙った切り裂きジャック。被害者はのどや体を切り裂かれ、内臓が引き出されるといった凄惨な殺人だ。しかも犯人は特定されず、事件は「お蔵入り」となっている。その後、映画やドラマ、小説の題材として何度も取り上げられた。

   英デイリー・テレグラフ紙(電子版)によると、グリフィス被告本人は自身のウェブサイトに、「オレは最悪の場合、悪魔になる」と書き込み、学術的な興味分野として「連続殺人、集団殺人、死刑」を挙げていた。また英ガーディアン紙(電子版)は、グリフィス被告が天候にかかわらず常にサングラスをかけ、ペットに大型のトカゲを飼っており近所では「変人」に見られていたと書いている。トカゲのエサにネズミを与え、ひもを付けて歩かせるのが好きだったという住民の証言も紹介している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中