2019年 8月 18日 (日)

東証一部上場グリーが大変身中  中高年をゲームで取り込む

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   SNSサイト「GREE(グリー)」を運営するグリーが変身中だ。かつては、20代、30代中心の若者イメージが強かったが、最近ではテレビCMを積極的に打った効果もあって、中高年ユーザーが急速に増えてきた。ボタン1つで手軽に遊べるソーシャルゲーム(SNSで提供される手軽なゲーム)がそのきっかけになったという。

   東京証券取引所は2010年6月1日、現在マザーズ上場のグリーを8日付けで東証一部へ市場変更すると発表した。マザーズに上場したのは08年12月、約1年半での市場変更となる。

会員数は1年間で約2倍

   グリーの設立は04年。一年で約20万人の会員を獲得、日本のSNS黎明期に大きな存在感を示した。05年6月からはモバイルでのサービスも開始し、現在はPCよりもモバイルが中心だ。

   最新2010年3月末の会員数は1843万人。1年間で約2倍になった。月間PVも倍以上の256億に増加。ソーシャルゲームの課金収入や広告収入などが大きく伸び、2010年1~3月の売上高は93億円と、2009年(39億円)に比べ倍以上になっている。

   会員数がこれだけ増えた理由の1つにテレビCMが挙げられる。同社は08年5月から、SNSサイトとしてはいち早くテレビCMに踏み切った。ビデオリサーチコムハウスが出しているテレビCM広告主ランキング(関東地区)によると、グリーが2010年4月にテレビCMを流した回数は計1957回。アサヒビールやキリンビールなどに次いで6位に入っている。日本コカコーラ(8位)やアサヒ飲料(9位)よりも上で、グリーの出稿量がかなり多いことが分かる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中