日本対カメルーン戦 後半視聴率は45.2% 瞬間最高は49.1%

印刷

   NHKで2010年6月14日深夜から放送されたサッカーW杯南アフリカ大会の日本対カメルーン戦の後半戦視聴率が、関東地区で45.2%になったことが分かった。

   これは、サッカー日本代表の試合では過去13番目の高視聴率になる。前半は、44.7%だった。瞬間最高視聴率は、試合終了直前などの49.1%だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中