W杯岡田監督が退任意向 「おそらくもうやることはない」

印刷

   サッカー日本代表の岡田武史監督(53)は、今後の去就について「おそらくもう(代表監督を)やることはないと思う」と述べ、退任する意向を示した。2010年6月29日深夜(日本時間)に始まったワールドカップ決勝トーナメント1回戦の対パラグアイ戦でPK負けした後、記者会見で話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中