2019年 11月 20日 (水)

加藤夏希が「セクハラ」を暴露 俳優兼監督の「S.S」って誰だ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「あっちにベッドルームがあるから!」。女優の加藤夏希さん(24)が、あるハリウッド映画のオーディションでこう言われたと、テレビで明かしたことが波紋を呼んでいる。

   加藤夏希さんは、訴訟にもなった元マネージャーとの愛憎劇を明かして話題になった。今度は、セクハラまがいの「儀式」を求められたと爆弾発言をしたのだ。

「役作り」とベッドルームに誘われる

   日本テレビ系で2010年7月6日夜に放送された「超豪華!! スタア同窓会」でのこと。ゲストの夏希さんらが、知っている有名人らのイニシャルを示してウラの顔を明かすトークがあった。

   夏希さんは、「S.S」と書いたボードを掲げ、特撮が好きな海外の俳優兼監督の話を始めた。その映画のオーディションに行ったとき、夏希さんの前に受けた人は、泣きながら帰ってきた。そして、自分の番になったときのことだ。

「今回、夫婦役だから、僕たち。夫婦の役作りをしよう!」

この俳優は、こう言うと、ベッドルームに誘ったというのだ。夏希さんは、前の人が泣いていたので「何でだろう」と思っていたが、これですべてが分かった。俳優の発言をさえぎると、ほかの人が見ている前でアドリブの演技をした。

アクションが売り物の大物ハリウッド俳優?

   結局、オーディションには落ちたが、受かった人は、その「儀式」をしたのではないかとも思ったという。

   衝撃的な話だけに、ネット上では、早速「S.S」がだれなのか話題に。2ちゃんねるでは、アクションが売り物の大物ハリウッド俳優(58)ではないかと囁かれている。

   この俳優は、日本通としても知られる。過去にも、女性との関係を巡り訴訟沙汰を起こしている。もっとも俳優側は「作り話」だと主張しており、真相は藪の中だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中