2018年 7月 21日 (土)

日本相撲協会 村山理事長代行の続投決定

印刷

   日本相撲協会は2010年7月25日、名古屋市内で臨時理事会を開き、同日の名古屋場所千秋楽で職を解かれる予定だった村山弘義理事長代行(元東京高検検事長)の続投を全会一致で決めた。病気療養中の武蔵川理事長は、26日からの理事長代行として協会ナンバー2の出羽海事業部長を指名していたが、理事会がこれを拒否した形。あわせて、名古屋場所の中継を中止したNHKに対して、同場所の放映権料を辞退することも決めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中