2019年 11月 21日 (木)

「人生で救急車乗ったの10回」 辻希美の発言に驚き、疑問相次ぐ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   タレントの辻希美さん(23)が、小さいときに腹痛などでも救急車に度々乗っていたと、テレビであっけらかんと告白した。どんな腹痛かは分からないが、タクシー代わりに救急車を呼ぶことが問題になっているだけに、発言が波紋を呼んでいる。

   辻希美さんの発言があったのは、2010年7月25日にフジテレビ系で生放送された「26時間テレビ」でだ。

島田紳助「熱ぐらいで呼んだらいかんで」

ネット上でも疑問の声が
ネット上でも疑問の声が

   その中の「笑っていいとも増刊号」で、数字が多くなると負けるゲームにゲストで呼ばれた。希美さんは、そこで「人生で救急車に乗った回数」として、10回と回答したのだ。

   周囲からは驚きの声が上がったが、「小学校のときに体を壊して、もうしょっちゅう乗っていました」とけろり。同じゲストの島田紳助さんは、それで救急車を呼ぶのは頭が弱いのではと指摘し、司会のタモリさんに、「怒ってあげて下さいよ。親もおかしい、頭悪いですよ」と水を向けた。

   タモリさんが理由を聞くと、希美さんは、「お腹が痛くなったりとか…」「ぜんそくとか過呼吸とかそういうのがあって」「あと、熱とかも全部」などと答えていた。

   紳助さん自身は、バイク事故や激しい胃けいれんで計3回呼んだといい、「熱ぐらいで呼んだらいかんで」と諭した。ゲストのスザンヌさんも、救急車を呼んだのは、小学校のときに知り合いのぎっくり腰で付き添った1回だけと話した。

   救急車を巡っては、軽症でもタクシー代わりに使うケースが度々報じられ、社会問題になっている。それだけに、「ママドル」などとして影響力のある希美さんの発言は、ネット上で波紋を呼んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中