ナイナイ岡村「休養の真相は」 様々な憶測報道が乱れ飛ぶ

印刷

   お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん(40)の無期限休養が発表されてから2週間が経過した。理由を所属事務所の吉本興業は「体調不良のため」としか発表しておらず、マスメディアやネットではその病状について様々な憶測が乱れ飛んでいる。

   無期限休養に入ることを、よしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表したのは2010年7月15日。5月中旬から体調不良が続いたため6月の仕事を休み7月1日のラジオ番組で一時復帰したが無期限休養を決めた。よしもとはマスコミに対し「病名は診断を待っているところでわからない。気持ちは元気ですが疲労がある」(サンケイスポーツ7月16日)と伝えている。

「精神的なストレスがあるようやから」

   岡村さんの休養が発表されるやいなや、ネットでは元気がなくておかしかった、痩せすぎていたなどという感想と共に、「病名が発表されない場合は、命にかかわる病気か、心の病のどちらかにちがいない」といったうがった見方も出て、エイズ説、ガン説、鬱病説などが乱れ飛んだ。

   岡村さんの身に何が起こったのか。メディアが飛び付いたのは明石家さんまさん(55)の言葉だった。

「精神的なストレスがあるようやから、オレみたいなご陽気な人間が電話したりするのが一番アカンみたい」

   これは17日に放送されたラジオ番組「ヤングタウン土曜日」での一言。「明石家さんま、岡村の病状をポロリ」(夕刊フジ)などと報じられた。

   そうした中、東京スポーツ7月28日付けは1面トップで「休養の真相がわかった」と報じた。高級クラブで「死にたいゲーム」に興じたことで深まった恋愛ストレスのためだというのだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中