2018年 7月 21日 (土)

のりピー芸能界に復帰か 離婚正式決定で急展開

印刷

   元女優の酒井法子さん(39)が離婚していたことが分かり、映画などでの芸能界復帰説が一部で出ている。更生には離婚が必要と本人が明かしており、そのネックがなくなったからだ。今後どうなるのか。

「マスコミ報道がありましたので、確認したところ、正式に離婚の報告を受けました」

2010年7月に入ってから手続き

復帰に向け着々と?
復帰に向け着々と?

   酒井法子さんの前所属事務所サンミュージックプロダクションの広報担当者は、取材に対し、こう明言した。

   夫の高相祐一さん(42)との離婚届は、2010年7月に入ってから手続きを済ませたという。

   もっとも、酒井さんが09年10月の覚せい剤事件初公判で離婚の意思表明をしてから、実現まで1年近くも難航した。それは、高相さんが公判で「更生には家族の存在が不可欠」と話すなど、離婚に難色を示してきたからだ。

   報道によると、判決が出そろった同12月から、双方の弁護士が離婚協議をスタート。しかし、高相さんの両親が小学校5年の長男(11)の親権を手放すことに反対していると伝えられるなど、協議はなかなか進まなかった。

   動きが出たのが、10年3月。写真週刊誌が高相さんのクスリ疑惑を報じてからだ。その後、高相さんは一時的に音信不通になったといい、これをきっかけに、酒井さんは、5月に離婚調停に踏み切った。疑惑報道で完全に心が離れたようで、高相さんの実家に近い自宅マンションも引き払った。

   この一件で、高相さんの両親も折れたともいい、親権も酒井さんが持つ離婚条件になった。慰謝料もないという。

   離婚成立を含め、酒井法子さんの芸能界復帰を促しそうな状況も出てきた。

執行猶予中の再雇用には否定的

   酒井さんが通信課程で介護を学ぶ創造学園大学(群馬県高崎市)は、経営危機も報じられている。同大によると、酒井さんは、レポート作成などまじめに勉強に取り組んでおり、「授業を受けられないような状況は、まったくない」(広報担当者)という。しかし、順調なら4年で卒業できるものの、大学の状況によっては、学業が頓挫する可能性が指摘されている。その場合、芸能界に活路を求める選択肢もありそうだ。

   また、酒井さんには、芸能界からオファーが相次いでいると報じられている。一部報道では、2011年での復帰や10年中の映画出演などの説もあるほどだ。

   近く酒井さんが芸能界に復帰することは、本当にあるのか。

   サンミュージックプロダクションの広報担当者は、近いうちの再雇用については否定的だ。

「私どもはすでに解雇しており、まだ話すべき時期ではありません。復帰についても、コメントする立場にはないです」

   うわさされるような復帰工作なども、一切していないという。

   酒井さんには、執行猶予期間がまだ2年以上も残っており、この間の再雇用は現実的ではないようだ。ただ、ほかの芸能プロなどを通じて、復帰する道は依然残っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中