2019年 5月 23日 (木)

社労士試験で出題ミス 「解無し」「正解2つ」続出で陳謝

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   企業の労務管理や社会保険に関する業務を行うための国家資格「社会保険労務士」(社労士)の試験のずさんさが波紋を広げている。選択肢から正解を選ぶ「択一式」で、「記述に疑義がある」「すべての選択肢が誤りなので『解なし』」「複数回答がある」といった指摘が続出しているのだ。

   これを受けて、試験の主催団体は、4問について出題ミスがあったことを発表した。同試験で、合格発表前に出題ミスを発表するのは異例だ。

60問のうち、3~7問について疑義が出る

   社労士試験は毎年8月下旬に行われ、毎年5万人程度が受験する。試験はマークシート方式で、文章中の空白に入れる語句を選択肢から選ぶ「選択式」と、5つの選択肢の中から正しいものをひとつ選ぶ「択一式」を受験する。合格率は7~8%と低く、難関ともいえる。

   10年度の試験は2010年8月22日に行われたばかりだが、この択一試験に対する不備を指摘する声が続出。資格予備校各社が配布する解答速報では、60問ある問題のうち、3~7問について「複数回答がある」「解なし」「正しい記述としては疑義が残る」といった指摘が出た。例えば、保険給付について誤った記述がある選択肢を選ばせる問題については、

「(選択肢の)A・B・D・Eは出題の根拠となる条文や通達が明確であり、Cについても明らかな誤りの点は見当たらず、『解なし』とした。ただし、Cは、問題文が粗い作りであり、A・B・D・Eのような明確な根拠があるわけではないので、Cが正解とされる可能性がある」(TACの解答速報)

と、酷評されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中