2018年 11月 19日 (月)

大学寮で同性愛「性行為」隠し撮り ネットにさらされ男子学生自殺

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

同性愛者に対する米国のネットいじめは深刻

   クレメンテ君の自殺は、全米で論議を呼んだ。特に同性愛者の団体は敏感に反応。団体の一つ「ガーデン・ステート・イクオリティー」のスティーブン・ゴールドスタイン会長は、今回の盗撮は人種や宗教、性にかかわる偏見が原因で起こる「ヘイトクライム(憎悪による犯罪)」だと、米メディアの取材に対して容疑者を非難する声明を出している。

   ネットにおけるいやがらせは、米国でも深刻な問題だ。AP通信によると、2003年以降、11~18歳の少なくとも12人が自殺を遂げているという。例えば06年、13歳の少女がSNSサイト「マイスペース」上で友人となった「少年」から突然、悪質なメッセージを送りつけられ、ののしられることを苦に首をつって自殺。「犯人」は少年になりすました同級生の母親だったという。

   同性愛者に対するネットいじめは、さらにひどい。アイオワ州立大学のウォーレン・ブルーメンフェルド教授が2010年3月に発表した調査結果によると、同性愛者や両性愛者、トランスジェンダー(性的違和を感じる人)のうち半数以上の54%が、調査の日から30日前までの間にネットいじめの被害を受けたと回答。さらに26%の人が、ネットいじめが原因で自殺を考えたと答えた。

   米国時間10月3日、クレメンテ君が通っていたラトガース大学では、数百人の学生が集まり、ろうそくのともし火を手に追悼の祈りを捧げた。クレメンテ君が自殺の直前にメッセージを寄せたフェースブックには、「タイラー・クレメンテをしのぶ」というページが設けられ、「安らかに眠ってください」「君の死は本当に悲しい出来事だ」などと、頻繁にメッセージが書き込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中