2018年 7月 20日 (金)

米ドル「90円」8割、ユーロ「120円」5割 上場メーカーの想定レート

印刷

   東証1部、2部に上場する主な電気機器や自動車関連、機械、精密機械のメーカー139社(3月期決算企業)の2011年3月期業績予想に使った為替レート(当初想定)は、「1米ドル=90円」が118社(84.8%)と最も多かった。次いで、「85円」の7社。最安値は「95円」だった。東京商工リサーチが調査した。2010年10月12日時点の外国為替相場は、1ドル81円台に突入している。このまま円高が続くと、業績悪化や生産拠点の海外移転が一気に進む可能性がある。

   また、ユーロについては、「1ユーロ=120円」を想定していた企業が40社(47.0%)と最も多く、次いで「125円」の30社だった。

   一方、139社の連結売上高に占める海外売上高の割合(10年3月期決算)が50%以上の企業は、半数を超える79社(56.8%)にのぼった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中