2019年 5月 23日 (木)

くら寿司「報道の横暴」と大反論 TBS「私どもの見解とは異なる」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   内定辞退の「強要疑惑」を報じられた「くら寿司」側が、大阪・毎日放送の報道を1か月以上も後に紹介したTBSに対して、サイト上で長文の反論を繰り広げている。TBSは今になって紹介した理由を明かさなかったものの、「私どもの見解とは異なる」との立場を明らかにした。

   回転寿司の「くら寿司」を全国で約250店展開する「くらコーポレーション」。そのサイト上に掲載された反論は、PDFで6ページにもわたってビッシリと書かれていた。

「法的措置も検討している」

   きっかけは、毎日放送が2010年9月1日に報じた「強要疑惑」を、TBSが10月12日深夜放送の「NEWS23クロス」で紹介したことだ。毎日放送の番組では、内定者らが、3月下旬の入社前研修で社訓を35秒ほどで暗唱できなかったとして、内定辞退届を書かされたと訴える場面が流された。そして、20人以上の辞退者が出て、うち1人がくら側と裁判で係争中だと報じていた。

   TBSの番組は、その内容を紹介したうえ、再度取材が行われ、くら側から「係争中のため回答は差し控えたい」などとコメントがあったと報じている。

   くらコーポレーションは、毎日放送の番組などでは、内定辞退は強要ではなく自発的なものだと説明し、その以上の詳細については明かしていなかった。しかし、サイト上の反論では、TBSが毎日放送と同じ映像を使って、事実と異なる恣意的な報道をしたとして、プライバシー配慮などから明かしていなかった自らの見解を説明することにしたとしている。

   サイト上で、くら側は、番組に出た関西大学の新卒者男性(22)に辞めないよう説得したものの、4度も内定辞退を申し出たので手続きをしたと主張。4月8日には大学に辞退取り消しもできると説明したのに、本人が拒否したとした。また、大学不明の別の新卒者男性(24)については、人事担当者が怒ったのは辞めさせたくないからで、こちらも本人の辞退希望があって手続きしたという。

   「辞退強要」については、内定者確保も大変で出店を増やしているときにありえないと説明。毎日放送やTBSが厚労省でもないのに会社名を公表したのは、「報道の横暴」だとして、法的措置も検討していることを明らかにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中