鈴木宗男前議員に食道がんが見つかる

印刷

   新党大地代表の鈴木宗男前衆院議員(62)は、2010年10月20日に都内で開催された同党のシンポジウムで、自身に食道がんが見つかったことを明らかにした。医師から手術をするように言われ来週から入院する予定だという。鈴木前衆院議員は受託収賄などの罪で10年9月に懲役2年と追徴金1100万円の実刑が確定していて、10月中にも収監される予定だったが収監が、ずれ込む可能性が高まった。鈴木氏は03年にも胃がんの手術を受けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中