孫社長「光の道」構想で共同出資会社を提案 

印刷

   ソフトバンクの孫正義社長は、2010年10月25日の記者会見で、政府の「光の道」構想に関する新提案を明らかにした。「光の道」構想とは、2015年までに国内すべての世帯で、超高速ブロードバンド通信のサービスを受けられるようにするというもの。孫社長によると、この実現に向けて、NTTのアクセス回線部門を分離し、政府やソフトバンクを含む通信会社による共同出資会社を設立する。

   孫社長はツイッターで、提案内容とその効果について披露。「光回線1400円。電話基本料300円。光BB1150円。メタル回線全廃。山間部、離島も含め全ての国民に提供。ユニバ基金負担廃止。NTTの回線部門負債1兆円を代理弁済。弊社含む5000億円共同出資会社で実現」と具体的に踏み込んでおり、「誰も乗らない場合は、弊社1社でも資金負担覚悟あり」と断言している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中