2018年 7月 16日 (月)

ストリートビュー「いやなら引っ越せ」 グーグルCEO「傲慢」発言で陳謝

印刷

   無線LANの通信内容を誤収集するなどの問題が指摘されている米グーグル社の地図サービス「ストリートビュー」に関連して、同社のエリック・シュミットCEOがCNNの番組内で発言した内容が波紋を広げている。ストリートビューの安全性に懸念を示す司会者に、シュミットCEOが「引っ越せばいい」と発言したのだ。

   ストリートビューをめぐっては、電子メールやパスワードも誤って収集していたことが明らかになったばかり。それだけに批判も強く、シュミットCEOは「失言だった」と釈明に追われることになった。

過去の発言が画面に大きく映し出される

   シュミット氏が出演したのは、2010年10月22日(米国時間)放送のトーク番組「パーカー・スピッツァー」。この日のテーマはグーグルのプライバシー問題。シュミット氏の出演部分の冒頭には、

「我々は、あなたがどこにいるか知っている。どこにいたかも知っている。多かれ少なかれ、あなたが考えていることも分かる」

と、シュミット氏の過去の発言が画面に大きく映し出され、司会のひとりであるジャーナリストのキャスリーン・パーカー氏が、「あなたが、私について何を知っているか知りたい。先週、私にどんな薬が出たか知っていますか?私はGメールのアカウントを持っていますが、私のメールを読めるんですか?」と切り込んだ。

   これに対して、シュミット氏は

「メールは読みませんし、処方せんの中身も分かりません。分かるのは、およそ1年半の間に何を検索したか。このデータは、(1年半が過ぎたら)廃棄されます」

と反論。パーカー氏は、関連して

「ストリートビューがありますよね?私がどこに住んでいるか分かる。望めば、家に来ることもできる」

と、ストリートビューの危険性についてただした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中