2021年 2月 25日 (木)

尖閣編集前ビデオが捉えた光景 「船長が悪酔い」海保は否定せず

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   尖閣沖の衝突事件では、中国漁船の船長らが海保の巡視船に対し、かなり威嚇的な態度を取ったと報じられている。編集前の撮影ビデオには、何が写っていたのか。その具体的な内容について、海保は、意味深な説明をしている。

「ビデオは、2時間ではきかない、相当な長さですよ。何しろ、巡視中ずっとカメラを回しているわけですから」

「漁師がモリ」説は明確に否定

どんな威嚇があったのか(海上保安庁提供)
どんな威嚇があったのか(海上保安庁提供)

   海上保安庁広報室の報道官は、取材に対し、こう説明する。

   事件が起きたのは、2010年9月7日の午前10時15分ごろ。説明によると、海保の巡視船では、それから船長逮捕の翌日午前2時過ぎまで、16時間もカメラを回していた可能性もある。しかも、巡視船は複数隻に上るため、ビデオはそれ以上の膨大な長さになる計算だ。

   もっとも、2回の衝突前後だけに絞ると、もっと短くなるはずだ。しかし、数種類のビデオと報じられているように、巡視船ごとにビデオはあるといい、迫真の場面が何時間なのかははっきりしていない。

   国会に10月27日提出されたビデオは、報道によると、わずか6分50秒に編集されている。これに対し、海保の報道官は、那覇地検からの要請でビデオ内容について協議したことを認めた。しかし、内容そのものについては、地検が責任をもって提出したとして、ビデオの時間も含めて分からないとした。

   そもそも編集前のビデオには、何が映っていたのか。

   東京都の石原慎太郎知事は、フジテレビ系で24日放送の「新報道2001」の中で、側聞だと断ったうえで、巡視船の乗組員が何かの弾みで海に落ちたのを、中国漁船の漁師がモリで突いていたとの情報を明かした。これについては、政府が29日の国会答弁で明確に否定。海保の報道官も、海に落ちた事実はなく乗組員にケガはないとして、「常識で考えると、そうなれば乗組員が石垣市内の病院に運ばれています。だれがいい加減なことを言ったのか、怒りを覚えます」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中