米調査「新聞、テレビは10年後に消える」

印刷

   米オンラインメディア「24/7ウォールストリート」は2010年10月28日、「ハリスポール」と共同で、米国人2095人を対象に実施した米ニュースメディアに関する調査結果をウェブサイト上で発表した。

   それによると、新聞などの印刷媒体は衰退すると回答した人は全体の81%にのぼり、55%がこのような伝統的メディアは10年後に消えてなくなるだろうと考えている。

   回答者のうち半数は、今日でもニュースのほとんどをインターネットから得ているとしている。この割合は、年齢を18~34歳に限定すると65%に上昇した。

   調査は、2010年10月8日~12日にインターネットで行われた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中