2018年 7月 23日 (月)

国内初、ETFに「株主優待」 日興AMが導入

印刷

   日興アセットマネジメント(日興AM)は国内で初めて、上場投資信託(ETF)の保有者に「株主優待」(受益者優待)を導入する。対象となる商品は、2009年9月30日に東京証券取引所に上場した「上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月配分型」(愛称=上場外債)で、10年12月10日現在で10口以上保有する株主(受益者)に、日興AMが500円分の図書カードを贈る。

   株式投資のような「株主優遇」制度を設けることで、ETFの認知度向上と投資家層の拡大を狙う。日興AMは、「取引所では10口単位で販売しているので、端株でない限りはほぼすべての保有者が対象になります」と話している。

   「上場外債」の11月9日の終値は4万4645円。純資産総額は26億9000億円で、順調に増えているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中