2019年 12月 10日 (火)

ドコモ始める「高速モバイル通信」 すぐには買えないこれだけの理由

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   NTTドコモが、次世代のモバイル通信規格「LTE」を用いた通信サービスを始める。「3G」と呼ばれる現在の第3世代の通信システムよりずっと高速で、モバイル機器でもパソコン並みの通信環境が整うことになる。

   ただ、開始時はサービス範囲が限られ、対応機器もデータ通信用のカードとUSBの2種類だけ。スマートフォンの利用はしばらく先になりそうで、すぐにブーム到来とはなりそうにない。

3Gの10倍の通信速度

USB型データ通信用端末を発売する
USB型データ通信用端末を発売する

   スマートフォンの普及や、米アップルの「iPad」のような多機能のタブレット型情報端末が登場し、屋外でも大容量のデータ通信の需要が高まってきた。これら高性能端末は、基本的に無線LAN接続も可能だが、電波を捕捉するには「アクセスポイント」と呼ばれる無線接続サービスを提供している場所に行く必要がある。

   レストランや駅、ホテルなどだが、ポイントから離れて電波が届かなくなると接続できない。一方、移動しながらデータ通信をする場合は、通常3G(第3世代移動通信システム)の回線を経由することになるが、無線LANと比較して通信速度の面で劣る。

   3Gを発展させて高速大容量を実現したのが、ドコモが利用する通信規格「LTE」だ。ドコモの説明資料によると、3Gと比べて技術面では進化しているが、3Gと同じ周波数帯を使用するため「スーパー3G」とも呼ばれている。将来、別の周波数帯を使って超高速通信を実現する「4G」へスムーズに移行するための、「3.9世代システム」との位置づけだ。

   ドコモは、LTEを使った「クロッシィ」という次世代携帯電話サービスを2010年12月24日に開始する。発表資料によると、通信速度は同社の3Gサービスの約10倍、最大で毎秒75メガビットとなる。ドコモ広報部によると、新サービス開始にあたって、東京で約800局、大阪と名古屋でそれぞれ約100局ずつ基地局を開設予定だという。

   「3Gの10倍」のスピードならスマートフォンを使って、移動中でも場所を選ばず高速でネット接続を楽しめる、と思うが、話はそう簡単ではないようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中