2020年 7月 9日 (木)

海老蔵「示談」受けるのか トラブル相手がシグナル

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(33)が先に手を出したとして、元暴走族リーダーの男性(28)が被害届や会見の準備をしていると報じられている。海老蔵さんが示談に応じるようシグナルを送っているともされ、その行方が焦点になってきた。

   海老蔵さんの傷害事件では、元リーダー側とみられる関係者が事件後からマスコミに情報を小出しにしてきた。

示談に乗るように、様子を伺う?

本当に殴ってないのか
本当に殴ってないのか

   報道によると、海老蔵さんが先に手を出したとし、元リーダーが鼻血を出すほど顔などを殴られたと主張。その後は、全治2週間のけがをしたとする診断書を持っていることを明らかにするなどしていた。

   しかし、なかなか表立って反撃せず、事件から2週間以上経って、ようやくその動きが出てきた。2010年12月16日に警視庁に被害届けを出すとともに、代理人の弁護士が記者会見を開くというのだ。

   スポーツニッポンの13日付記事によると、元リーダー側の藤本勝也弁護士は、「向こうはそのつもりがあるのかどうか」と暗に示談に応じるようほのめかしている。つまり、海老蔵さんが手を出したことを認め、なんらかの解決をするよう促した可能性があるわけだ。

   逮捕・送検された伊藤リオン容疑者(26)も、元リーダーら仲間と示し合わせたかのように、事件のきっかけなどには、あいまいな供述をしている。「一方的に因縁をつけて殴ったわけでない」としながら、海老蔵さんがどんな因縁をつけたかについては供述を拒否しているという。また、自分1人でやったとし、仲間についてはかばっているようだ。

   こうした動きは、海老蔵さん側が示談に乗るように、様子を伺っているようにも思える。J-CASTニュースでは、藤本弁護士に取材しようとしたが、個別の取材対応はしていないとのことだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中