2020年 9月 26日 (土)

「誰も手挙げない」都知事選の混沌 石原4選?蓮舫、円より子の名も

ルイボスブレンドだからノンカフェイン。就寝前のリラックスタイムにおすすめ。

   2011年4月の東京都知事選は、啓発キャラクターにAKB48が決まったものの、肝心の立候補予定者は誰も手を挙げない状況が続いている。現在3期目の石原慎太郎都知事が去就を明らかにしない中、さまざまな噂や思惑が交錯している。

   「現段階では(都知事選立候補は)考えていない」。2010年12月24日、蓮舫・行政刷新担当相は記者会見でこう話した。一方で、都知事職について「指導力を持って仕事をする立場。やりがいは相当大きい」とも述べた。

石原4選出馬なら自民党と公明党は支援へ

東京都の次の知事はどうなる?
東京都の次の知事はどうなる?

   蓮舫氏は、7月の参院選東京選挙区で圧勝して以降、何度となく都知事選候補として名前が「あがっては消え、またあがり…」を繰り返している。10月の会見では「(立候補の)可能性はありません」ときっぱり否定していたが、今回12月24日の会見では「現段階では」という「ただし書き」が目に付く形となっている。「やりがい」発言を含め、都知事選立候補の可能性、意欲について今後も憶測を呼びそうだ。

   一方、蓮舫氏とは逆の結果で7月の参院選(比例)で落選した民主党の円より子・前参院議員の名前も秋ごろからあがっている。民主党の副代表や東京都連会長も務めた円氏は、菅総理と近いこともあり、「本命」との指摘もある。それでも、「蓮舫氏に比べて地味だ、勝てるのか」と不安視する声もあり、民主党の腹はまだ決まっていないようだ。

   もっとも、対応方針が決まっていないのは民主党だけではない。そもそも都知事選の構図が固まらないのは、石原都知事が手の内をみせないことが大きな要因となっている。石原氏が4選をめざすなら、従来通り自民党と公明党は支援することになりそうだ。前回07年の都知事選では、石原氏は2番手の浅野史郎・前宮城県知事に100万票以上の差をつけて勝っている。新顔候補にしてみれば、簡単に勝てる相手ではない、というわけだ。

   前回07年の都知事選の際は、石原氏は06年12月都議会で3選へ向け立候補表明した。しかし、今回の10年12月議会では、石原氏が4選目について触れることはなかった。そもそも議会側から質問すら出なかったのだ。「どうせ答えないから」(民主党東京都連関係者)ということらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中