2020年 12月 1日 (火)

「席巻」を「せきまき」と読み間違え 青山祐子アナの「結婚幸せボケ」

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   結婚報道で話題になっているNHKの青山祐子アナウンサー(38)がとんだ失態をやらかした。メインキャスターを務めるニュース番組の中で「席巻」を「せきまき」と読み間違え、「ごめんなさい」と謝罪。ネット上には「結婚ボケだな」といった書き込みが寄せられ、ちょっとした騒動になっている。

   青山アナは筑波大学卒業後1995年に入局。アナウンサー歴10年以上にもなるベテランだ。08年3月からNHK総合の「ニュースウォッチ9」でメインキャスターを務めている。

「ヒットチャートをせきまきする人気グループ」

   3年目に入りNHKの21時台の顔としてすっかり定着してきた青山アナだが、2011年1月20日の放送で事件が起きた。音楽関連のニュースを紹介する際、

「音楽のヒットチャートをせきまきする人気グループ、嵐」

と読み上げてしまったのだ。

   「せきまき」は「席巻」で正しくは「せっけん」と読む。青山アナはその後も「そしてAKB48、K-POPブームの火付け役のKARA」と読み続け、間違いに気付いていない様子。しかし、隣にいた大越健介アナが「青山さん、『せっけん』ですから」とやんわり指摘、青山アナは笑いながら「あ、すみません、ごめんなさい」と詫びた。

   ネットでは直ぐに話題となり、2ちゃんねるのNHK総合実況板では「今せきまきって言わなかった?」「席巻を読み間違えるアナウンサーがNHKにはいるらしい」といった書き込みが殺到した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中