当りが出過ぎてパチンコ店が赤字 パチスロ機「サクラ大戦3」撤去騒ぎ

印刷

   パチスロ機「サクラ大戦3」が全国のパチンコ店で次々に稼働が停止、撤去される事態になっている。その理由は当たりが多く出過ぎて、パチンコ店が赤字になっているからだという。パチスロの専門家によれば「設置すれば赤字になる機械が出たのは前代未聞。メーカーへの苦情が寄せられているようです」と話している。

   「サクラ大戦3」は遊技メーカーのサミーが10年11月25日から注文を受け付け、11年1月10日からパチンコ店で稼働した。「サクラ大戦」はもともとセガの大人気テレビゲームシリーズで、総合プロデューサーは、「AKB48」メンバー秋元才加さんと「お泊まりデート」が報じられた広井王子氏だ。

「無期限の停台とさせて頂いております」

   今パチンコ店ではこんな告知が「サクラ大戦3」に張られている。

「ただ今、当グループ諸事情により、無期限の停台とさせて頂いております。お客様には勝手を申し、大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます」

   「サクラ大戦3は出る!!!」。そうネットで騒がれ始めたのは1月10日に設置されて以降直ぐだった。パチンコ・パチスロの情報交換サイトには、「人気で座れませんでした」といったカキコミが出た。ゲーム「サクラ大戦」ファンが押し寄せているのかと思ったら、当たりが次々に出る「甘い台」だったから。どこの店に設置されているのかを尋ねる人が続出し、稼働してから早くも2日目に「電源が落とされ、遊べなくなった」という報告も出た。やがて

「設定1でも105%あるから早く撤去しないと大変なことになりますよ!!!」
「メーカーは停止で営業できない損失分を店に保障してやれ!!」

などといったカキコミも現れた。

   「設定1」というのは6段階ある確率設定で一番当たりが出にくくなっているものだ。これはパチンコ店側が設定できる。「105%」というのは「機械割」と呼ばれるもので、簡単に言うと1万円使った場合、平均で1万500円分のメダルが出る設定を言う。105%という数字が本当かどうかはわからないが、少なくとも100%以上になっているといのがパチスロファンの見解だ。もちろん、当たりには波があるため「サクラ大戦3」で遊んだ全員が勝つわけではないが、店側はこの台に限ってはトータルで赤字になってしまう。

   茨城県にあるパチンコ店に話を聞いてみると、

「儲からないという理由で他店は次々に『サクラ大戦3』を撤去したり、電源を切ったりしています。当店としては人気台なので踏ん張って設置していますが、今後どうなるかわかりません」

ということだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中