外食産業の売上げ2年ぶりにプラス

印刷

   日本フードサービス協会は2010年の「外食産業市場動向調査」を11年1月25日に発表した。それによると全業態トータルの全店売上げは前年比100.5%となり、2年ぶりに前年を上回った。客単価は前年比97.9%だったが客数が同102.6%と前年を上回った。

   業態別の売上げは、ファーストフードが同102.1%、ファミリーレストラン99.3%、パブ・居酒屋97.2%、ディナーレストラン98.7%、喫茶99.8%だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中