2019年 4月 21日 (日)

ソニーPSP後継機を年内発売 どこまでスマートフォンに対抗できるか

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   ソニーは2011年1月27日、携帯型ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の後継機となる「ネクストジェネレーション・ポータブル(NGP、仮称)」を年末に発売する、と発表した。第3世代携帯電話(3G)回線に接続できる機能を搭載し、通信機能を強化したのが特徴だ。

   任天堂も2月26日に裸眼で3D映像を楽しめる新たな携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」を発売する。いずれも米アップルの「iPhone」などゲーム機としても手軽に遊べるスマートフォンを意識しているが、どこまでゲーム専用機が存在感を示し続けられるかは分からない。

スマホの中でも特にアップルに対抗意識

   ソニーの新型機は現行のPSPの4倍の解像度を持つという、有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネルを用いた5型画面を搭載する。画面の大きさ自体も現行機種の2倍程度に広がる。これにより「携帯型ゲーム機としてこれまでにない高精細な迫力ある映像を楽しめる」とソニーは説明する。画面に触れて操作するタッチパネル方式でもあり、iPhone4を少し進化させたかのような印象もある。

   通信機能の強化で、外出時でもゲームソフトのほか映画や音楽などもダウンロードしやすくなる。また、通話はできないが、遠隔地にいるNGPユーザーと文字で会話することも可能。全地球測位システム(GPS)機能も付けたことで、自分の近くにいるNGPユーザーの間でどういうゲームが遊ばれているか、なども分かるという。

   ソニーはこれとは別に年内をメドにゲームのダウンロードサービス「プレイステーション スイート」を立ち上げる。アップルのライバルである米グーグルの基本ソフト(OS)アンドロイドを搭載したスマートフォンやタブレット型端末向けに、プレイステーションで人気のあったソフトなどを配信するサービスで、スマホの中でも特にアップルに対抗意識を持つことを隠していない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中