2019年 10月 17日 (木)

「神様怒っている」で炎上の民主前議員 「私も傷ついた」と釈明して「再炎上」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   宮崎県と鹿児島県にまたがる新燃岳の噴火をめぐり、民主党の前衆院議員のツイッターの書き込みが炎上している。口蹄疫で大量の殺処分が行われたことと、今回の噴火が関連しているともとれる内容で、「好きで処分したわけではない! 」などと批判が殺到。

   ウェブサイトには謝罪文が掲載されたが、「私も大変傷つきました」という文言がまた問題にされ、火に油を注ぐ結果になってしまった。

「牛や鳥を大量に殺処分して、命を粗末にしている」

謝罪文が、火に油を注ぐ結果になってしまった
謝罪文が、火に油を注ぐ結果になってしまった

   発言の主は、前民主党衆院議員の河上満栄(みつえ)氏(39)。河上氏は全日空やノースウエスト航空を経て、2009年衆院選に比例代表近畿ブロックから出馬し初当選。10年参院選で、京都選挙区からくら替え出馬したが、落選していた。

   河上氏は、2011年2月4日未明、ツイッターで、

「宮崎の火山が噴火し続けている。牛や鳥を大量に殺処分して、命を粗末にしていることに宮崎の大地の神様が怒り猛っているように感じる」

などと書き込んだ。これに対して、

「何故殺処分に至ったのか何も理解されてないんですね。皆断腸の思いで殺処分しているのに」
「宮崎に謝れ」
「怒りで手が震える」

といった批判の声が続出。これに対して、河上氏は同日夜に謝罪文を掲載し、

「家畜たちは、食されることでその使命を全うします。命を頂くことは本当に有難いことです。(中略)今回、その使命を全うすることなく突然命を絶たれた家畜たちの無念、家畜たちを育んだ農家のみなさまの無念や怒り、絶望は到底計り知ることができません」

などと釈明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中