2018年 9月 24日 (月)

大食いタレントは摂食障害? 「本当は食後に激しく嘔吐している」

印刷

   テレビの大食い選手権に出場した30代の元フードファイター女性が、自らも含め選手の多くが食後に嘔吐していることをブログで明かしている。この女性は、過食嘔吐という摂食障害で施設入所しており、専門家もトップ選手のほとんどにその疑いがあるとしている。

   この女性は、大食いと言いながらも摂食障害であることを2010年11月にブログで初めて告白した。

元フードファイター「太らないはウソ」

   障害を克服するために2011年1月から施設に入所しているといい、ブログもその時点で無期限休止に入った。告白に対し、批判はあるものの、2月に入っても応援コメントが多数寄せられ、100件ほどに達している。

   女性はブログで、「食べても太らない」と言っていたのはウソだと明かした。実際は、食後に激しく嘔吐していたから、やせていたという。そして、大食い選手すべてとは言えないが、実際にその場にいた選手の多くが食後に吐いていたというのだ。

   自らは摂食障害の病気だといい、食事1回でなんと2、3時間も食べ続けていた。嘔吐ばかりでなく、便通もひどかった。1日でバナナにして2、3本、多いときは5、6本分もあった。食べたものがほとんど消化されない下痢状態のときもあったという。

   大食い選手権のフードファイターらも、この女性と同じ病気だったのだろうか。

   政策研究大学院大学の鈴木眞理教授(内分泌学)は、その可能性が極めて高いとみる。

「選手権をテレビで見ていたとき、最後に残った女性5人は、ほとんどがやせていました。足も骨皮状態の人が多かったです。これは、ほとんど全員が摂食障害だと思います。食べて普通に消化されれば、ほぼ間違いなく太りますからね。予選で落ちましたが、実際に摂食障害の患者さんも出ていたんですよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中