2020年 5月 30日 (土)

ドラゴンボール実写版第二弾制作? 紀里谷氏「ツイッター」で激怒

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   映画監督の紀里谷和明さんが「ツイッター(Twitter)」で激怒している。世界中で大ヒットしているマンガ・アニメ「ドラゴンボール」の実写版第二弾の制作が決まり、紀里谷さんが脚本を担当するとアメリカの有名サイトが掲載したからだ。

   紀里谷さんは「全くのガセです!そんな訳ないだろ!」などと非難。訂正を要請していると明かしたが、では実写版「ドラゴンボール」そのものの制作は事実なのだろうか。

   「ドラゴンボール」実写映画情報が掲載されたのはアメリカの有名な映画・テレビ等の情報サイトThe Internet Movie Database (IMDb)。

監督を務めるのは山崎貴さん?

   「IMDb」によると、監督を務めるのは「ALWAYS三丁目の夕日」「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の山崎貴さん。脚本は映画「CASSHERN」「GOEMON」の監督で、宇多田ヒカルさんの元夫・紀里谷和明さん、主演はジョン・フーさんとなっている。

   紀里谷さんは2011年2月14日に「ツイッター」で、「ドラゴンボール」の実写版の脚本を担当すると「IMDb」に出ているが、これは本当かと聞かれると

「なんかIMDBにでたらめな情報が載っているみたいですが、全くのガセです!そんな訳ないだろ!」

とキレた。現在「IMDb」に訂正を要請中だと明かした。

「マスコミのガセネタというのは広告収入という動機があるからまだ理解できる。ネットのガセネタというのは単なる悪意が動機だから始末が悪い。どちらにせよ本当にいつも迷惑してます」

怒りは収まらないようだ。

   ちなみに、監督をすると書かれている山崎さんが所属する事務所、白組に聞いてみたところ、

「ドラゴンボール監督の話しは聞いたことがありません」

ということだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中