ANA系格安航空、エアバスA-320で運航

印刷

   全日本空輸(ANA)と香港の投資ファンドが出資する格安航空会社(LCC)の「A&Fアビエーション」は2011年2月14日、使用する機材をエアバスA320-200型機(180人乗り)に決定したと発表した。11年秋に最初の機材が納入され、2年間で10機まで増やす。同社は関西国際空港を拠点に、11年度中の就航を目指している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中