就活失敗による大学生の自殺2倍に

印刷

   就活に失敗して自殺したとみられる大学生が2010年は46人に上り、前年(23人)の2倍になったと、警察庁が2011年3月3日、自殺統計結果を明らかにした。

   それによると、就活に失敗して自殺したとみられるケース(高校生ほかを含む)そのものは、前年より2割増えて424人に達した。自殺者の総数は、前年より3.5%減少したものの、3万1690人と13年連続で3万人を超えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中