日建グループが節電で義援金提供

印刷

   日建設計は、今回の地震発生直後から実施している節電により低減した経費を、被災地義援金として提供する。

   日建設計東京ビルでは、消灯時間の繰り上げや床暖房の停止、トイレの洗面の給湯および暖房便座を停止など、館内照明や空調・設備などの使用をセーブすることで約25%の節電が可能になるとしている。また、全国の事務所およびグループ会社でも順次、同様の取り組みを始めるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中