2018年 7月 23日 (月)

日建グループが節電で義援金提供

印刷

   日建設計は、今回の地震発生直後から実施している節電により低減した経費を、被災地義援金として提供する。

   日建設計東京ビルでは、消灯時間の繰り上げや床暖房の停止、トイレの洗面の給湯および暖房便座を停止など、館内照明や空調・設備などの使用をセーブすることで約25%の節電が可能になるとしている。また、全国の事務所およびグループ会社でも順次、同様の取り組みを始めるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中