2018年 7月 22日 (日)

USJが使い捨てカイロ800キロを被災地へ ゲストからの義援金も受け付け中

印刷

   ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営しているユー・エス・ジェイ(大阪府)は2011年3月18日、被災者への救援物資として約300キロの使い捨てカイロを、さらに3月19日には約500キロの使い捨てカイロと約400キロのサージカルマスクを岩手県災害対策本部へ送った。3月18日の分は、チャーターしたヘリコプターに積んで届け、機体の側面には「がんばれ!東日本」とパークのグローブロゴを張ってメッセージを託した。

   また、3月16日からは、パーク・エントランスにあるチケットブースの前に募金箱を設置して、来園者からの義援金も受け付けているほか、今後は従業員からの義援金や会社としての義援金もあわせて寄付をする予定だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中