IAEA「避難基準下回った」 飯舘村の土壌調査

印刷

   国際原子力機関(IAEA)は2011年4月1日、福島第1原発の北西約40キロの福島県飯舘村の土壌から検出された放射性物質の検出数値がIAEAの避難勧告基準を下回ったと発表した。3月30日の会見では、避難勧告基準の2倍の数値を検出したと明らかにしていた。今回の調査結果は、3月19日から29日までの間に15回調べ、分析したものという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中