2021年 7月 24日 (土)

平野綾の声優人生が全否定された? アッコ「涼宮ハルヒ」なんて誰も知らない

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   声優界のスーパーアイドル平野綾さんがテレビ出演したことで、多くのアニメ・声優ファンが心を痛める結果になってしまった。平野さんは番組で、声優としての代表作を聞かれた際に、「涼宮ハルヒの憂鬱」と答えたのだが収録会場や出演者達は無反応で、司会者から「誰も知らない」などと言われてしまったからだ。

   アニメファンに「涼宮ハルヒの憂鬱」は絶大な支持があるのに、一般の人には知られていないことや、平野さんが声優として積み上げてきたものを全て否定された感じだとして「胸が痛む」などといったカキコミがネットに出ている。

オタクと一般の人を結ぶ存在だと思っていた

   平野さんが出演したのは2011年4月17日放送のTBS系情報バラエティー番組「アッコにおまかせ!」。司会の和田アキ子さんが同番組初出場の平野さんに対し、これまで声優として演じた中で誰もが知っている役は何なのか、と質問した。平野さんは

「涼宮ハルヒという作品で、ハルヒという役」

と答えたのだが、生放送の観客席、出演者から反応らしいものは出なかった。それを感じ取った和田さんは

「みんな知らないと思うけど・・・私、知らないもん」

   そう言うと、収録会場全体が爆笑に包まれた。

   「涼宮ハルヒの憂鬱」の原作はライトノベルで、シリーズ全体が700万部というベストセラー作品になっている。アニメ化されたのは06年4月からで、アニメ界では久々の超ヒットを記録。深夜に放送する「深夜枠アニメ」の火付け役にもなった。また、エンディングで主役のハルヒ達が踊るダンスが世界中で話題になり「ユーチューブ」にはおびただしい数のダンス映像がアップされた。10年には劇場映画も公開された。

   アニメファンにとって「ハルヒ」は特別な存在で、平野さんにとっても自分の名前を一躍有名にした出世作でもある。アニメが好きといえばオタクと思われがちだが、「ハルヒ」だったら誰もが知っているはずで、オタクと一般の人を結ぶ存在だと信じている人もいた。「アッコにおまかせ!」に平野さんが出演するということで、心待ちにするカキコミが「ツイッター」や「ミクシィ」に大量に出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中