2018年 7月 19日 (木)

ソニーグループ会社にハッカー侵入 また情報流出の可能性

印刷

   ソニーは2011年5月3日、グループ会社でPC向けオンラインゲームサービスを手がけるソニー・オンラインエンタテインメント(米国カリフォルニア州)の管理するシステムが、ハッカーの侵入を受けたと発表した。顧客情報を違法に取得された可能性があり、謝罪した。

   セキュリティ会社とともに調査した結果、4月16日から17日にかけて、取得された可能性がある個人情報は、SOEアカウント(住所・氏名、ログインID/パスワードなど)が約2460万件、米国利用者のクレジット/デビットカードの番号と有効期限(クレジットカードセキュリティコードを除く)が約1万2700件、オーストリア、ドイツ、オランダ、スペイン利用者の約1万700件のダイレクトデビットカードの購入履歴、口座番号、口座名義、顧客氏名、顧客住所。現在、サービスに関連する全てのサーバーを停止し対応にあたっている。

   なお、ソニーでは4月27日にも、プレイステーション向けオンラインサービス「PlayStation Network」と「Qriocity」に不正アクセスがあったと発表し謝罪している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中