2021年 7月 30日 (金)

ソニーの大量情報流出事件 極秘の暗号「ルートキー」が絡む?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

事件の鍵を握る「ルートキー」とは

   SCEのアメリカ現地法人は2011年1月、個人ハッカーのGeorge Hotz氏に対し、デジタルミレニアム著作権法、コンピュータ不正使用防止法の侵害だとして、北カリフォルニア連邦地方裁判所に提訴した。理由はネットで「PS3」の「ルートキー」を公開したためだ。

   11年3月末にソニーとHotz氏は和解したが、ルートキーはハッカー達の知るところとなってしまった。

   ITジャーナリストの井上トシユキさんは、ルートキーが今回の事件の鍵である可能性が高いと指摘する。情報流出事件に関する記者会見をソニーが開いた11年5月1日、ソニーの長谷島真時CIOが、アプリケーションサーバーの脆弱を突かれたとし

「業界ではよく知られた脆弱性だったが、管轄する子会社の責任者が認識していなかった」

などと説明した。井上さんは、

「ルートキーがわかれば不正アクセスもたやすい。記者会見での発言をみると、Hotz事件があったにも関わらず、侵入対策を徹底していなかったのではないか、と疑いたくなる」

と首を傾げた。

   今回の事件がハッカーの仕業だとすれば、ハッキングに成功したという「勝利宣言」があってもいいはず。しかし、それがないのは、ハッカーではなく、個人情報の売買を狙った悪質な犯罪の可能性もある。井上さんはそう見ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中