2019年 12月 8日 (日)

仕事つらく、耐えられずに退職 何と会社が2000万円損害賠償請求

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   過労死してもおかしくないほど働かされ、耐えられず退職を申し出た。すると、「損害賠償請求するぞ」と脅され、退職したら本当に2000万円の損賠請求訴訟を起こされた。

   そんな、あまりに信じられない事件を紹介した弁護士のツイッターが話題になっている。

「ブラック企業の極みだな…」

   弁護士の塩見卓也氏が投稿したのは、2011年5月22日。会社側が提示した損害賠償請求の根拠がすごい。

「意味不明な会社側の証拠を解読したところ、『従業員モチベーション低下数値』という非論理的な数字を損害主張したものだった。脱力・・」

   「従業員モチベーション低下数値」とは何か。J-CASTニュースが塩見弁護士に聞くと、具体的な内容については裁判前のため明かせないという。多分、この従業員が辞め、会社に残った従業員のモチベーションが下がったということだろう。

   塩見弁護士はその後のツイッターで、「(社員を)奴隷とでも思っているのですかね」「この事件の会社側代理人はこんなものをそのまま証拠に出して弁護士として恥ずかしくないのだろうか…」と怒りをあらわにしている。

   投稿には350件以上の「はてなブックマーク」が付き、「ブラック企業の極みだな…」「恐すぎる」などの声が上がっている。

   「こんな会社、都市伝説かと思ってた」という声もあるが、こうしたケースは珍しいのか。塩見弁護士は、

「辞めるときに会社側が『損害賠償請求する』と脅してくるケースはよくあるが、実際に訴えてくることはめったにない」

と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中