2019年 2月 22日 (金)

三谷幸喜夫妻は「猫離婚」 深刻だった「ペットロス」?

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   人気脚本家の三谷幸喜さん(49)と女優の小林聡美さん(46)が離婚したのは、ペットの猫がきっかけだった――。こんな記事を女性週刊誌が書いている。もちろん断定できるわけではないが、ペットをめぐる悩みやトラブルは深刻らしいのだ。

「長く生活をともにしている間に、考え方や価値観の小さな違いが積み重なり、それがだんだん大きくなってしまったようです」

猫以外に2人をつなぎ止めるものはなく

   三谷幸喜さん、小林聡美さん夫妻の電撃離婚発表は、2011年5月23日にマスコミ各社に送られた、こんな簡潔な文面だけだった。2人は離婚にはっきりした理由はないとし、会見や取材には応じなかったことから、その原因について様々な憶測を呼んでいる。

   そんな中で、女性セブンの5月26日発売号は、その原因を「やっぱり猫で…」とした。三谷さんが、エッセイ「三谷幸喜のありふれた生活」で猫アレルギーによる結婚生活の悩みを告白していることが指摘の背景にあるらしい。

   記事によると、小林さんは猫好きで、1995年の結婚後から「おとっつぁん」「おっしー」という2匹の猫を連れ込んだ。三谷さんは、猫と接するたびに、くしゃみや目やにが出る症状に苦しんだが、愛妻のために慣れようと必死の努力を続けた。その結果、半年経ってやっと猫がなついて一緒に寝られるようになり、妻の小林さんとのコミュニケーションにも困ることはなかった。

   夫婦間にはその後、亀裂を生みかねないもめ事もあったが、猫が2人の接着剤になっていた。ところが、おとっつぁんが08年夏に死に、おっしーも10年4月にこの世を去った。三谷さんと小林さんには子どもがいなかったため、2人をつなぎ止めるものはなくなった。それが離婚の原因だというのだ。

   この説明によると、夫婦間のもめ事や考え方の違いを超えた「幸せの象徴」が失われたものの、猫が離婚の直接の原因でなかったため、はっきりした理由はなかったということらしい。女性セブンの記事は、2人の出会いがテレビドラマ「やっぱり猫が好き」だったことに引っかけているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中