2019年 10月 15日 (火)

民主党は歴史的役割終え、存在意義失っている/不信任案に賛成 横粂勝仁・衆院議員に聞く

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   民主党の29歳1年生議員、横粂勝仁・衆院議員が、内閣不信任決議案に賛成した。案提出に先立ち、離党届けを出し、保留状態になっていた。菅政権に対してだけでなく、一気に民主党にNOを突きつけた形だ。

   なぜ民主党を見切ったのか、これから何をしようと考えているのか。小泉純一郎・元首相の次男、進次郎衆院議員(自民)と同一選挙区という点でも注目されてきた新人議員の横粂氏に話を聞いた。

当初はメールの7割「議員辞めろ」

「ブログで思いを書くより話す方が得意です」と語る横粂勝仁・衆院議員
「ブログで思いを書くより話す方が得意です」と語る横粂勝仁・衆院議員

――離党届け提出の反応は。

横粂   当初、約1000件届いたメールのうち、700件は「議員を辞めろ」でした。しかしその後、「おかげで政治に興味をもつようになった」などの支援の声が増え、最近来るメールでは、支援と批判が五分五分に近くなっています。
   支持者の方への報告会では、厳しい声と応援とが半々でした。厳しい指摘をされた方の多くからは、帰り際に「応援してるから厳しいことを言うんだぞ」と声をかけて頂きました。

――比例復活で当選した議員が離党するのはおかしい、議員辞職して出直すのが筋だ、という指摘もあります。どう受け止めますか。

横粂   政治的、道義的に責任はあると思っています。ご批判は当然で、重く受け止めています。しかし、震災による危機、さらには震災対応の不全が浮き彫りにした日本の政治の危機を目の前にして、今私がやるべきことは、議席をお返しすることなのでしょうか。いえ、この危機を克服する新しい道筋を訴える議員として、この重たい一議席を日本のために使わせて頂くことが恩返しになる、恩返しさせて頂きたい、と考えています。

――震災対応への批判について、菅首相NOにとどまらず民主党離党にまで踏み込んだのはなぜですか。


横粂   まず、私が問題を見いだしたのは、既存政党すべてに対してです。例えば、「しばらく経って横粂が『みんなの党』に入党」などということは、民主復党も含めあり得ません。また、小沢(一郎・元民主党代表)先生グループによる「菅降ろし」の動きとも無縁です。
   また、民主党関係者の方にお世話になった、それは重く受け止めありがたく思っています。しかし、その上であえて言わせて頂ければ、民主党はすでに歴史的役割を終え、存在意義を失っているのです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中