2018年 11月 22日 (木)

「無料ゲームは業界を滅ぼす」 任天堂・岩田社長インタビューが物議

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   テレビなどで携帯電話の「無料ゲーム」を扱う広告が氾濫している中で、任天堂の岩田聡社長(51)が「無料ゲームは業界を滅ぼす」と発言した、と話題になっている。米・ウォールストリートジャーナルのインタビューに答えたもので、任天堂の市場を奪い急成長した「モバゲー」や「グリー」、「iPhone」などの無料ゲームを牽制した形だ。

   もっとも、任天堂広報は「岩田社長はこのような内容は語っていない」としている。

ゲーム開発者のモチベーションが下がる

   ウォールストリートジャーナルの2011年6月15日付け電子版に岩田社長のインタビューが掲載された。タイトルは「Nintendo's Iwata Won't Gamble on Free Games」。内容はあらかたこんな具合だ。

   他社が携帯電話やスマートフォンに無料、あるいは1ドル以下でゲームを提供、人気を博している現状について、任天堂が他社のハードにゲームソフトを提供することはないし、無料ゲームには興味がない、とした。そして、

「価格を下げればゲームソフトが大量に売れる、それは一つの方法だが、そこに明るい未来ではないでしょうし、業界全体が『fold(瓦解)』します。また、無料ゲーム全体のシステムについては、ユーザー全員が満足しているわけではないし、ゲームの途中で課金が必要になった場合、お金を払いたいと思うユーザーは少ないようです」

などと語った。

   無料ゲームでは明るい未来がない理由の1つは、ゲーム開発者のモチベーションが下がること。開発者の1人として、岩田社長が日々目指しているのは、他社が誰も真似できないユニークかつ、ユーザーが満足できる高付加価値を持ったゲーム作りだそうで、「金を払っても買いたい」とユーザーに思われたい、と説明している。

   このインタビューが出ると、海外のゲーム専門サイトは、

   「Free-to-play destroys the value of game software」(無料ゲームはゲームソフトの価値を破壊している)などの見出しを掲げて岩田社長のインタビューを紹介。日本のゲームファンの間でも大騒ぎになった。「大いに賛同する!」といったものから「モバゲーやグリーに敵意むき出し!!」などというものもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中