中国版ツイッター、日本企業向けに公式認証サービス

印刷

   中国のミニブログサービス「新浪微博」は2011年6月29日、日本企業や日本の個人ユーザーを対象にした公式認証サービスを開始することを発表した。日本のベンチャー企業と提携して、7月1日にスタート。12か月の契約で、料金は月額1万9800円。

   公式認証を行うことで、著名人や企業の「なりすまし」を防ぐことができる。ミニブログサービスは、日本ではツイッターが利用者を集めているが、中国ではツイッターが禁じられており、「中国版ツイッター」の新浪微博が人気だ。今後、日本語版のサービスを開始するとも見られている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中