2021年 7月 25日 (日)

復興相「サングラス」会見のナゾ 無礼なのか濡れ衣なのか

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   松本龍・復興相(60)が就任会見時に「サングラス」をかけたことが話題となっている。野党の間では「会見の場にふさわしくない」と問題視する声があがる一方、「あれは色つき老眼鏡であってサングラスではないのでは」と指摘する声もある。

   自民、公明両党の幹事長や国会対策委員長らは、2011年6月29日の会談で、松本大臣による28日の会見の言動が不適切だとして、国会で松本大臣を追及する方針を確認した。「(大震災発生の)3月11日以来、民主党も自民党も公明党も嫌いだ」と発言したことと、途中で「サングラス」をかけたことついて「問題だ」とする声が挙がった。

「まぶしいのに弱い」

菅首相の任命責任を問う声も。
菅首相の任命責任を問う声も。

   テレビでも取り上げられた。6月30日放送の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)で、司会のみのもんたさんは、「日本人でサングラス似合う人は結構少ない」と松本大臣を暗に冷やかした。女優の萬田久子さんは「目がお疲れだったのかも」とかばっていた。

   「ニュースで(サングラスをかける)映像を見て、おやっとは思いましたね」。復興相就任まで環境相兼防災担当大臣だった松本氏を知る複数の省庁の関係者らはこう口をそろえた。大臣が会見で「サングラス」をかけるのは、霞ヶ関でも目を引く行為だったようだ。

   松本氏は、2010年9月の入閣時と11年1月の内閣改造時にも会見を開いているが、この際には「サングラス」も眼鏡もかけていない。

   とはいえ、省庁関係者らによると、松本氏が外出時に「サングラス」をかける姿はたまに見かけていたそうだ。「まぶしいのに弱い」ようで、部屋の電気を暗くしたり、場合によっては消したまま仕事をしたりすることもあったという。「会見のときの撮影フラッシュなどがまぶしかったのかもしれませんね」とみる向きもあった。

   松本氏の事務所関係者に話をきくと、松本氏は「目が強くない」という。日頃から地元の福岡から「特別の目薬」を取り寄せている。大震災発生以降は防災担当大臣として多忙な日程を送り、「ここ最近は目の充血が目立つようになっていた」。涙目になることも少なくないそうで、テレビカメラ用のライトなどが気になり、「サングラス」で目をかばったのではないかと推測している。

   普段は眼鏡をかけていないが、文字を読む際は老眼鏡をかけることもある。外に出るときにはたまに「サングラス」をかけている。「本人に聞いたことはないが、おしゃれのためではなく目の保護が目的だと思っている」。「サングラス」に度が入っているのかどうかは知らないそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中