2021年 5月 17日 (月)

たばこ・酒増税は「オヤジ狩り」 復興財源めぐり政府内バトル

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東日本大震災の復興財源をめぐって、政府内がゴタついている。菅直人首相の諮問機関「東日本大震災復興構想会議」の提言を受け、政府は所得税、消費税、法人税の「基幹税」を臨時に増税して復興財源をまかなうことを検討している。

   一方で、消費税増税は簡単には進まないとみたのか、復興財源としてたばこ税や酒税などの増税案が浮上。これに対して野田佳彦財務相は2011年7月16日、「(たばこ税や酒税の引き上げは)オヤジ狩りみたいなもの」と、否定的な姿勢を示した。

たばこ1本あたり、最大2.5円程度増税か

   復興財源として、たばこ税や酒税などの増税や、ケイバやパチンコ、宝くじなど射幸(ギャンブル)税の導入案が浮上している。

   与謝野馨・経済財政担当相は、所得税や消費税、法人税を臨時とはいえ、引き上げることに国民の反発はかなり強まるとみていて、たばこ税や酒税であれば、比較的反発を受けにくいと考えているようだ。

   政府内には、たばこ1本あたり最大2.5円程度増税し、増収分を復興財源に充てる案が出ているもよう。販売量が減らない前提で、1本2.5円(1箱50円)増税すると、最大で年2000億円規模の増収が見込める。

   野田財務相の16日の発言は、この動きをけん制したものだ。「(復興財源は)所得税、消費税、法人税の基幹税を中心に多角的に検討すべき」との考えを示し、「たばこも酒も税制を通じた『オヤジ狩り』みたいなところがある」と発言。たばこ税などによる増税に慎重な姿勢を示した。

   たばこ税は2010年10月に、1本あたり3.5円を増税。たばこメーカーによる本体価格の引き上げとともに、1箱あたり平均100円超も値上げされたばかり。「取りやすいところから取ろう」という政府のやり方も、立て続けとなると理解は得にくいかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中