2020年 7月 4日 (土)

脱原発ソングでフジロック出演取りやめ? 「制服向上委員会」の発表に疑問の声

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   フジロックフェスティバルに出る予定だったというアイドルグループ「制服向上委員会」が「脱原発ソング」のため、出演取りやめになったと発表した。ただ、色々不可解な点もあり、ネットでは「本当なのか?」といった声も出ている。

   フジロックフェスティバルは、毎年夏に新潟県の苗場で開催される野外音楽イベント。2011年も7月29日から31日にかけて開催される。

「心待ちにして下さったみなさまごめんなさい」

真相はどうなってる?
真相はどうなってる?

   このフジロックについて、制服向上委員会のリーダー、橋本美香さんが2011年7月20日、ツイッターに

「フジロックに出演が決定していました。ですが、フジロックのスポンサーのひとつである大手企業の反対により『ステージ上で脱原発の歌は歌えない』との事で、出演出来なくなってしまいました。心待ちにして下さったみなさまごめんなさい。そして悔しい」

と投稿した。同じ内容が、オフィシャルサイトにも掲載されている。

   制服向上委員会は1993年にデビューし、メンバーチェンジを繰り返しながら活動しているグループ。現在10代を中心に12人のメンバーが所属している。社会的なメッセージを込めた曲も歌っていて、8月15日には脱原発をテーマにしたシングル「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」をリリースする。歌詞に「メルトダウン」「セシウム」という言葉が並び「忘れないから原発推進派 安全だったらあなたが住めば良い」という強烈な歌だ。

   本当に脱原発ソングが原因で出演取りやめになったとすれば一大事だ。ネットでは、「どこの企業が圧力かけたんだ」といった声も出たが、いくつか気になる点も指摘された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中