福島県と新潟県で豪雨 新潟で40万人に避難勧告・指示

印刷

   福島県と新潟県は2011年7月29日夜から30日朝にかけて、記録的な豪雨に見舞われた。新潟県三条市や福島県只見町など各地で、避難勧告や避難指示が出た。新潟県での避難勧告・指示は約40万人にのぼる。新潟と福島地方気象台の発表によれば、両県では27日から大雨が降り続いており、降り始めてから30日午前11時までの総降水量は、新潟県加茂市で615.5ミリ、福島県只見町で679.5ミリだった。2004年の新潟・福島豪雨を上回る大雨だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中