なでしこに国民栄誉賞授与 澤主将が盾受け取る

印刷

   サッカー女子W杯ドイツ大会で初優勝を果たした日本代表チーム「なでしこジャパン」への国民栄誉賞授与式が2011年8月18日、首相官邸で行われた。

   菅直人首相が佐々木則夫監督に表彰状を、澤穂希主将に記念の盾をそれぞれ手渡し、世界一の栄光を称えた。また選手らには記念品として、広島県の伝統工芸「熊野筆」の化粧筆が贈られた。

   国民栄誉賞は1977年の創設以来18人に与えられており、2009年に亡くなった俳優の森繁久彌さん以来の受賞となる。団体としての受賞は初。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中